文化服装学院流通科の在学生がWeb Shopをオープン!

2014.01.14 Tuesday2013リテールプランニングコース
 
文化服装学院ファッション流通科2年
リテールプランニングコースの学生が1/12(日)よりWeb Shopをオープン!

ReMIND TOKYO

http://remind-tokyo.com/


ReMIND3.jpg







ReMIND2.jpg



ReMIND1.jpg



開業おめでとうございます。
今後ともご自愛のうえ、ますますご活躍されますようお祈り申し上げると共に、ご健勝とご多幸をお祈りいたします。




***********
文化服装学院 ファッション流通科2年
       リテールプランニングコース
三原 豪

りゅうつうったーのtwitterアカウントはこちら
@Ryutsutter_bfc



 ※この記事の内容が面白かったという方は拍手をクリックしてください!
拍手する

文化生デザイナーのショッピングモール「Sprout Mall」オープン

2014.01.14 Tuesday2013リテールプランニングコース

 

 
文化祭「RE・TENT」にてご好評いただいた、Sproutのオンラインモール「Sprout Mall」が期間限定でオープンしました。

リテールプランニングコースの学生と、文化服装学院に所属する学生デザイナー10名、オンラインショップ開設支援サービス「BASE」さんそとのコラボレーションで生まれたショップです。

このECサイトを通して、学生デザイナー10名それぞれの味があるハンドメイド作品をweb上で購入することができます。

デザイナーごとの10のショップもそれぞれの雰囲気があって楽しいモールに仕上がっています。


 
 

期間は2014年1月31日まで。どうぞお早めに。
文化服装学院 ファッション流通科
リテールプランニングコース 2年

山田和樹
 ※この記事の内容が面白かったという方は拍手をクリックしてください!
拍手する

あけましておめでとうございます

2014.01.01 Wednesday2013リテールプランニングコース
 

明けましておめでとうございます。

2014年は午年でございます。



卒業までのこりわずかになりますが、

リテールプランニングのイベントや卒業制作ショーなどのレポートをお届けしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。



***********
文化服装学院 ファッション流通科2年
       リテールプランニングコース
山田 和樹 

 ※この記事の内容が面白かったという方は拍手をクリックしてください!
拍手する

ありがとう2013 りゅうつうったーアクセス数ベスト3

2013.12.31 Tuesday2013リテールプランニングコース
 2013年も残すところ数時間。


今年一番大きかったイベントは何と言っても文化祭の「RE・TENT」出店。

9月から、当ブログでリテールプランニングコースの取り組みを取り上げてきました。

おかげさまで、RE・TENT関係の記事をたくさんの人に見ていただくことができました。


9月から12月までのりゅうつうったーアクセス数ベスト3は...





トップ3はやはり「あの有名キャラクター」関連の記事。
アクセス数を稼いで頂きました!ありがとうございます。


只今冬休み中ですが、リテールプランニングコースでは年明けのRE・TENTの報告会に向けて準備中です。


2014年もどうぞよろしくお願いいたします。


よいお年を^^


***********
文化服装学院 ファッション流通科2年
       リテールプランニングコース
山田 和樹 
 ※この記事の内容が面白かったという方は拍手をクリックしてください!
拍手する

「テーラーについて」特別講義

2013.12.07 Saturday2013リテールプランニングコース
こんにちは
12/5に「テーラーについて」の授業内特別講義が行なわれました。






講師は、
エイフ株式会社 銀座 英國屋 工房
水沼 貴裕 先生





「学生の頃は先生になりたかったんですよ、こうして講師をやることになって夢がひとつ叶いました。」と、水沼先生。



テーラー業界の現状として、モーニングやタキシードの技術者が世界的に少なくなっていることを指摘していました。
仕立て屋さんで働くテーラーさんは誰もが作れるものだと思っていたので驚きました。




テーラーさんの仕事は"物"を作ること。
仕立て屋さんには大きく4つのフェーズがあり、

営業(販売員さんのこと)

フィッター(お客様を採寸係)

カッター(生地を切る人のこと)

テーラー(物に仕上げる)

というもの。
テーラーさんの中にも"上着を専門とする、パンツを専門とする"といったようにわかれていると聞き、テーラーさんやカッターさんにも細かくわけるとたくさんあるんだと思いました。





途中には「背広」という言葉の語源についての話も挟みつつ、これは知っておいたほうがいいんじゃないかな?という会社の紹介もしてくれました。

・背広
諸説ある中で、モーニングコートの背幅が細身で狭いのに対し、背幅が広かったから背広と呼んだ、仕立て職人の慣用語から一般化したという説が有力ということでした。

・スキャバルhttp://www.scabal.co.jp/) 
英国王室御用達、生地にダイアモンドや金が練り込まれているような特注ものも取り扱っている。


ドレスカットや、ラペルの幅でネクタイの幅が決まるという話も面白く、勉強になりました。







座学での講義の後は実演。
人間の体に綺麗にはまるように”くせ"をとる作業を見せて頂きました。
先生はアイロンひとつで手際良くされていたのですが、実際はすごく難しい作業で、「しっかりと”くせ”をとれるようになるまでに最低半年はかかる」と言われているそうです。



若いうちにはなかなか手に触れることのないしっかりと仕立てられたモーニングやタキシード。
ご自身の結婚するときに仕立てたものを私たち生徒に触れさせてくれて、とても勉強になりました。



とても貴重なお話ありがとうございました。



銀座 英國屋(http://www.eikokuya.co.jp/
 





***********
文化服装学院 ファッション流通科2年
       リテールプランニングコース
三原 豪

りゅうつうったーのtwitterアカウントはこちら
@Ryutsutter_bfc
 ※この記事の内容が面白かったという方は拍手をクリックしてください!
拍手する

「NOT CHARITY, JUST WORK」ファッションは美しいハンドメイド

2013.12.03 Tuesday2013リテールプランニングコース
 本日の3限に、国連のEHICAL FASHION INITIATIVE(エシカル・ファッション・イニシアチブ)から、

Simone Cipriani(シモーネ・チプリアーニ)氏が来日し、

国連のエシカルファッションのお取り組みについて講演されました。





「私は生まれたときからサンタ・クロースのひげで、母親が驚いていたよ。」

と、ジョークを挟みつつ、ユーモア溢れる英語で語るイタリア出身のシモーネ氏。


エシカル・ファッション・イニシアチブはファッション産業を通して、世界から貧困の削減を目指す国連の事業。

"NOT CHARITY, JUST WORK"をスローガンに、

同事業はアフリカなどの工芸家と「Stella McCartney」や「Vivian Westwood」などの大手メゾンとをつなぎ、

貧困国の人たちの尊厳をもった労働と自立を促すことを目標としています





今回の講義では、「Vivian Westwood」やオーストラリアの「sass & bide」、日本からは「United Arrows」などとの協業のビデオやケーススタディーを通して、シモーネさんは熱く語っていました。




目指す理想は、"NOT CHARITY, JUST WORK"

Fair labor (公正な労働環境)
Women Empowerment(女性が働きやすいこと)
Impact of People(人々の生活改善)
Responsible Fashion(責任あるファッション)
Environmental Priority(環境への最配慮)


プロダクトデザインから生産管理、清潔な工場の提供、そして貧困国の人々の住居や収入アップなどの効果測定までを行っているそうです。

そして、その貧困国の人がどれだけ生活が改善したかの効果測定が最も大切なポイントだと語っていました。

アフリカのオーガニックコットンのテキスタイルで、アフリカの工芸家が作った服出来上がった製品はファッションショーやプレゼンテーションに並び、各国のバイヤーの目に触れ、世界中に流通していくそうです。







学生も熱心に傾聴し、質問も出て、とても刺激的なお話でした。


貧困国にお金を寄付するだけのチャリティーに留まらず、持続性のあるファッションビジネスとして運営していくことが重要。

印象に残ったお言葉は、「責任あるファッションは地球を大切に扱うファッション。」





今回の講義は、東京大学でも行われ、ファッションの学校を代表する文化服装学院でもということで実現したそうです。

とても貴重なお話、ありがとうございました。


明日12月4日から12月10日まで、「伊勢丹本館
1階 ザ・ステージ」にて、
「MARNI」とエシカル・ファッション・イニシアチブとが恊働し、
アーカイブのテキスタイルを使って、アフリカの人々が縫製したバッグやポーチが販売されるそうです。

シモーネさんも店頭に立っているそうなので、そちらにも足を運びたいですね:)


「ITC UN × ISETAN invete MARNI」
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/event/1312marni/index.html


「ユナイテッド・アローズ」とエシカル・ファッション・イニシアチブとがコラボレーションする新レーベル

  「TEGE UNITED ARROWS」

が来春からデビューします!

「TEGE(テゲ)」とは、マリやブルキナファソで話される言語、バンバラ語で“手”を意味し、その音は日本語の「手・芸」をも連想させまる。プロダクトのもつ背景とリンクすることから、「TEGE UNITED ARROWS」と名付けられたそうです。

トートバッグやクラッチバッグが「ユナイテッド・アローズ」全店で並ぶそうです。

詳しくはこちら
「ユナイテッドアローズとエシカル・ファッション イニシアチブがコラボレーション 新レーベル "TEGE UNITED ARROWS" デビュー」


EHICAL FASHION INITIATIVE Facebook(英語)
https://www.facebook.com/TheEthicalFashionInitiative



***********
文化服装学院 ファッション流通科2年
       リテールプランニングコース
山田 和樹 

りゅうつうった〜のtwitterアカウントはこちら
@Ryutsutter_bfc


 ※この記事の内容が面白かったという方は拍手をクリックしてください!
拍手する

TOMS X 文化 シューズペイントコンテスト リテールみんなで考えよう

2013.11.21 Thursday2013リテールプランニングコース
 文化祭も無事に終わり、RE・TENTも無事成功に終わりました。

学校の空気も授業も平常時に戻ってきましたが、

今度は、卒業制作ショーに向けて各所で少しずつ動き始めています。

そうです。年末です。

当ブログは、通常通りリテールプランニングコースの活動をお送りします。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。



校内でも良く見かけますが、

カジュアルシューズブランド「TOMS(トムス)」と文化のコラボレーションのシューズペイントコンテストが開催されます!

「TOMS」は、エスパロリーユ風のスリッポンシューズが人気のカリフォルニア発のシューズブランド。

TOMSと文化とのコラボ企画が高度専門士科の有志学生を中心に運営されているそうです!




来週の月曜日、11月25日から募集が始まります。

そこで、本日の4限にリテールプランニングコースの学生のみんなで、ペイントデザインを考えました!

“Peace&Love”というテーマに、それぞれ思い思いのペイントを描いていました。








普段、デザインをほとんどしないリテールプランニングコースの学生にとって、
伸び伸びと想像力を膨らませてデザインを考える、頭の切替えをする良い機会だったのではないでしょうか。



今回の企画では、文化服装学院全学を対象にシューズペイントデザインを募集しているそうです。
1位〜5位まで審査され、TOMSのシューズなど豪華賞品が用意されているそうです!!

リテールからの受賞者が出てくるんじゃないかと、内心楽しみにしています:)


***********
文化服装学院 ファッション流通科2年
       リテールプランニングコース
山田 和樹 

りゅうつうった〜のtwitterアカウントはこちら
@Ryutsutter_bfc




【TOMS X 文化 デザインコンテスト概要】

『あなたが靴を1足購入するたびに、TOMS(http://tomsshoes.jp/)から子ども達に新しい靴が贈られます。』というコンセプトのもと、ユナイテッドアローズをはじめ、人気セレクトショップで取り扱いのあるシューズブランドからのコラボレーション提案企画でTOMS担当者と学内の有志学生が立ち上げた実行委員会が打ち合わせを行い、実施が決定しました。詳細は下記の専用フェイスブックページをご覧下さい。

●TOMS×文化服装学院 デザインコンテスト 専用フェイスブックページ
https://www.facebook.com/pages/TOMS-X-BUNKA/584844168244260

TOMSのブランドコンセプトである“Shoes for Tomorrow”
そして「毎日笑顔では履きたくなる靴」を元に“Peace&Love”というテーマにあなたの思い描く“Peace&Love”を一足の靴で表現してください。

・応募期限
2013年11月25日(月)〜29日(金)
・応募対象
文化服装学院在学生
・提出場所
学務部窓口の特設提出ボックス


 ※この記事の内容が面白かったという方は拍手をクリックしてください!
拍手する
<< | 2/2 PAGES |

文化服装学院のファッション流通科です。年間通して行われる様々な行事にスポットを当てて、アップしていきます。お楽しみに!

CALENDAR

SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

NEW ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

MOBILE

  • QRコード

LINK